読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the die is cast

NEWSとジャニーズWEST

ピンクとグレー映画化前の勝手な予想

我らが加藤シゲアキ先生の処女作『ピンクとグレー』が映画化され、もうすぐ公開ですね。

シゲ担としては、妄想のとまらない毎日を過ごしてきました。

10個も年上だけど、全力で褒めてあげたい気分です。
前にも言ったけど、小山さん、シゲアキを甘やかしてあげてね!

国語表現の先生が毎年変わり、その度に本を紹介する授業がありましたが、私は毎年『ピンクとグレー』を紹介していました。*1

元々理数系の脳ミソを持つ家庭なので、私も理数系の方が得意でした。
ですが、目的もなく理数系にいくのは潰しがきかないということで、苦手な文系を選択して残念な成績をとることに。
でもこの授業だけは楽しかった。

だからね、私、ピングレ死ぬほど好きなんですよ!!!

それが映画化されるなんて妄想しないわけがないでしょう。


ということで、簡単に私の予想(妄想)をまとめてみました。

※ネタバレ注意です。















『ピンクとグレー』を書いたのは誰なのか。

加藤シゲアキか、それとも河鳥大(河田大貴)か。

ここは河鳥大としておくのが私の中で正解にしておく。


確かに加藤シゲアキが『ピンクとグレー』を書いていることに間違いない。
だが、少しだけリアルに食い込んでくる『ピンクとグレー』の世界を造り上げたのが加藤シゲアキだとは思わないだろうか。

物語中に河鳥大が書いた本が『ピンクとグレー』。

加藤シゲアキが、河鳥大の代わりに『ピンクとグレー』をこの現実世界に生み出した。

簡単に言ってしまえば加藤シゲアキは河鳥大役なのだ。
加藤シゲアキが『ピンクとグレー』と同じ体験をしているわけではないので、加藤シゲアキ=河鳥大とはならない。


だから、『ピンクとグレー』は河鳥大が、白木蓮吾の生涯を書いた本であると思う。



『ピンクとグレー』は、作中でも映画化されている。

そこでは、白木蓮吾を河鳥大が演じる。

実際の映画化では、白木蓮吾役は中島裕翔。
これは、年齢的な問題があるのだろうが、本来なら河鳥大役として本を書いた、加藤シゲアキが演じるべきだった。

『ピンクとグレー』発売時の加藤シゲアキは25歳。
現在の中島裕翔は22歳。
作中の最後は25歳くらいだったと思う。*2

シゲアキは老け顔*3だから、しょうがない。

だがそうなってくると、中島裕翔は河鳥大役の加藤シゲアキ代理なのかもしれない。





文章力が無いなりに、自分の予想(妄想)をまとめてみました。


P.S.
やっぱりシゲアキソロあったね!やったね!

ピンクとグレー 第2巻 (あすかコミックスDX)

ピンクとグレー 第2巻 (あすかコミックスDX)

*1:クラスの皆さんしつこくてごめんね。

*2:確認してません。

*3:やっと年齢が追いついてきた